切迫早産による入院となった場合、絶対安静であることが必須

切迫早産による入院となった場合、絶対安静であることが必須です。24時間点滴をし、食事・シャワー・トイレの他はずっとベッドで生活します。この点滴(ウテメリン)には副作用が報告されており、手の震えや動悸、そして息が上がりやすくなりました。徐々に体は慣れていったのですが…。
入院している間は本当に暇を持て余すので、大人の塗り絵・編み物・ナンプレなどで気を紛らわせていました。

 

 

 

妊娠中に守らなければいけないことがいくつかあります。季節関係なく、お腹を冷やさないこと、重たいものを持ったり、高いところに手を伸ばしたりしないこと。

 

 

程ほどの運動は良いが思いっきり走ったりしないこと、朝寝坊、夜更かしを控えて生活リズムを整えること。

 

 

 

いづれも妊娠中は皆が言われることだが、やはり一番ためになったのはこれだと思う。産まれる前から、赤ちゃんに優しい言葉をかけてあげること。

 

 

優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産後もこの言葉の価値を実感する日々であるお腹がでてない妊娠初期は妊婦と分からず、こちらから妊婦だと申し出ない限り周りからの手助けは難しいです。

 

 

体調が優れない妊娠初期に無理をすると、貧血で倒れてしまったり、出血があったり、最悪な事に流産も引き起こします。
仕事や家のことがうまく出来なくても、「今は休むとき」と自分自身を責めず割り切ることも必要です。妊娠中期になると、不調だった初期の時期が嘘のように思えるでしょう。

 

手助けしてくれた周りの人に感謝の気持ちを持ち、出来るようになってからやれば良いと思います。初めて妊娠を知った時、嬉しくて仕事をすぐに退職しました。

 

 

 

退職したものの、することがなく暇な毎日になってしまいました。暇をつぶすため、友達と外食ばかりして気づけば出費が増え、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。特につわりも無く元気だったため、適度に働きながら妊娠ライフを過ごせばよかったのにと思いました。

 

妊娠に気づくのが遅れた人は、後で結構後悔してしまいます。何を隠そう私もその一人です。

 

 

対応可能な病院が多くない地域では、妊娠が分かった時点ですぐにでも予約を入れないと、出産場所が探せなくなってしまう事があります。
妊娠始めの症状は多様です。生理が不規則な方の場合は妊娠に気づきづらいです。貧血や微熱など風邪によく似た症状のあるので、妊娠の可能性があればすぐに自分で疑ってかかってみてください。妊娠中、経過が良好であれば、担当医から軽い運動で体力をつけるように言われる人もいるでしょう。出産ではとてつもない体力を使うため、妊娠さんは体力作りを意識した生活をしましょう。また、体重増加を緩やかにする目的もあります。

 

ですが、ちょっとしたことでお腹が張るなど安静に努めるよう言い渡されている人は、担当医の指示に従うようにして下さい。もれなく、体を動かすことは母子ともに経過が問題ない人が行うものです。
私が悩まされたのは、妊娠中の切迫流産と切迫早産でした。

 

 

第一子がお腹にいる間は義理の両親と同居していたので、ことさら無意識でも無理をしていたのでしょう。あの同居していた頃を思い出すと義理の両親に気を使いすぎていたのだと思います。当然2人とも高齢ではありましたが、遠慮ばかりせずに、買い物など協力してもらったら良かったのかもしれません。

 

 

下の子は切迫早産となり緊急帝王切開を実行、産まれたものの1日で亡くさなければいけなかったという口惜しさは未だに消えません。

 

夫のご両親と同居される方には遠慮ばかりしないようにして頂きたいです。

 

 

安産するためにどんどん協力してもらいましょう。

 

 

 

妊娠、それはやはりまさに奇跡なんだと思いました。

 

今二人の子供がいます。幸い二人とも妊娠を望んだら間もなく授かることができ、かつ自然妊娠でした。

 

これはとても恵まれてることだと思っています。妊娠〜出産までの経緯は人それぞれですが、私もつわりを経験し、また、特に異常があるわけではないとは言われましたが、お腹の赤ちゃんがとても小さく、自宅安静を余儀なくされ、不安な日々を送っていました。妊娠さえすればOKではなく、ちゃんと出産する日まで、安心はできないかな、と思っています。

 

 

 

妊娠するということは一種の奇跡だと思います。愛する二人の間に赤ちゃんができたということはたまらなく幸せなことですよね。妊婦健診ではエコー検査をしますよね。

 

 

 

順調に赤ちゃんが大きくなっているかを診る件さですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。
赤ちゃんの性別を早く知っておきたいという人多いのではないでしょうか。

 

仮に希望していた性別ではなくてもがっかりしないで下さいね。産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。妊娠中であっても旦那様と愛のスキンシップは欠かしたくないものです。
妊娠をしたら絶対やってはいけないということはありません。ただし、妊娠初期や安定期の前出産予定日の近くは避けましょう。妊娠初期や安定期前は流産のリスクが高くなり、予定日の頃は体に大きな負担となります。

 

 

体調が良好で検診で特に問題がないのであれば大丈夫でしょう。
無理なくゆっくりお互いを感じあうことは愛を深める大切な時間です。

関連ページ

妊娠28週目以降の過ごし方
妊娠28週目以降の過ごし方
妊娠23週目の過ごし方
妊娠23週目の過ごし方
赤ちゃんが順調に育っているかを診るもの
赤ちゃんが順調に育っているかを診るもの
お腹の子は自分自身で栄養をとることが出来ない
お腹の子は自分自身で栄養をとることが出来ない