ビタミンB6がつわりを軽減させる効果がある栄養素!海外では特効薬

妊娠したら、赤ちゃんの先天性異常リスクを低減させる為にも摂取が厚生労働省から推奨されている葉酸。
特に葉酸は、体への吸収率を考えて作られてサプリでの摂取が妊娠初期の段階では、おすすめです。

 

葉酸サプリメントの中には、ビタミンB12と伴に、ビタミンB6が含まれているものもあります。
薬局やドラッグストで売っているような、割と低価格で購入が出来る栄養素が少ない葉酸サプリでも
多くの商品は、ビタミンB12とビタミンB6を配合しています。
高価な商品になると、カルシウムや鉄分なども一緒に取れるなど、摂取できる栄養素の多さが
葉酸サプリの値段と比例しているイメージです。
ビタミンB6も、ビタミンB12と同様に、葉酸の吸収をアップさせる働きがあります。

 

また、辛いつわりを軽減させる効果もあります。海外では、つわりの特効薬として、ビタミンB6が使われる場合もあります。
ビタミンB6は、バナナやカブやニンニク、イワシやカツオ、鶏むね肉などに多く含まれています。
日常的に食べる食品に多く含まれているので、不足することは少ないです。

 

しかし、つわり中でほとんど食事がとれない場合、ビタミンB6が不足し、つわりが余計にひどくなったり、葉酸の吸収が妨げられる場合もあります。
できるだけサプリメントを利用し、しっかりビタミンB6も補給するようにしましょう。
元気な赤ちゃんが生まれたらルテインサプリ ランキング@人気サプリを比較して失敗しない選び方などがたくさんありますので、短い赤ちゃんの期間たっぷりと思い出を作りましょう